令和4年 初稽古のご報告

 1月3日(月)10時より、本校柔道場において初稽古を実施しました。当日は50名を超えるOBの方々にご参加いただき、十分に換気を行いながら、盛大に行うことができました。本校の高校生は、多くの先輩方に稽古をつけていただき、とても良い経験になったことと思います。年が明け、良いスタートをきることができました。

 初稽古開始の整列後、昨年のインターハイ柔道競技90kg級で準優勝した片山凪に賞状、メダル、写真を一つの額に入れていただいたものをOB会より贈呈していただきました。
 
 また、3月に行われる全国選手権73kg級への出場を決めた鬼塚勇芯にOB会より激励金をいただきました。
 
 併せて、昨年の全日本学生体重別団体に東海大学の66kg級の選手として出場し優勝した本校OBの岸武蔵君にもOB会より激励金を贈呈しました。

 報徳学園柔道部はOBの方々やたくさんの方々に支えられて活動できているということを忘れずに、感謝の気持ちを持ち続けて、令和4年も頑張りたいと思います。
 
 これからは講道館杯、近畿大会個人・団体、兵庫グランプリ、全国選手権と大きな大会が続きます。一つでも多く勝てるように頑張りたいと思います。

 今年もさらに良い結果の報告ができるように精進いたしますので、今後もご声援の程、よろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。