大会結果

第68回 兵庫県高等学校新人柔道大会 兼 第42回 全国高等学校柔道選手権県予選 結果

令和元年11月15日(金)~11月17日(日)  
第68回 兵庫県高等学校新人柔道大会
兼 第42回 全国高等学校柔道選手権県予選      於:高砂市総合体育館

<団体戦> 第3位
 (1回戦)報徳 シード
 (2回戦)報徳 ◎5人残し  姫路工
 (3回戦)報徳 ◎4人残し  高砂
(準々決勝)報徳 ◎3人残し   神戸科技
 (準決勝)報徳  3人残し ◎ 育英
  
<個人戦>
  60kg級 第3位 松本 登喜定(Ⅱ-4)
      ベスト8 西平 空 (Ⅰ-8)
  66kg級 優 勝 岸  武蔵(5-2)※2年連続
  73kg級 第3位 竹中 蓮騎(5-2)
          前中 祐亮(Ⅱ-8)
  90kg級 第2位 片山 凪 (Ⅰ-4)

 以上の結果となりました。

 今回の団体戦は5人戦の勝ち抜き試合で、優勝すれば3月の全国大会出場が決まる大会でしたが、準決勝戦で今大会優勝の育英高校と対戦し、惜しくも敗退しました。

 準々決勝では、神戸科技高校と対戦しました。先鋒が1人抜き、2人目で引き分け。次鋒が1人目で引き分けて、中堅が相手校の副将、大将を抜いて、3人残しで勝つことができました。

 準決勝では、昨年度と同じく育英高校との対戦となりました。先鋒は取りたいところではありましたが、育英高の辻本選手も力があり引き分け。その後、育英高の次鋒の山本選手に2人抜かれ、3人目で引き分けというところまで持っていかれました。大将は育英高の中堅の岡田選手に指導2を取ってリードしていましたが、終盤に引っ付いての後ろ技を仕掛けられて一本負けとなりました。結果、3人残しでの敗退となりました。

 個人戦においては、優勝が1名、第2位が1名、第3位が3名となり、入賞した選手は持っている力を発揮し、大いに健闘してくれました。その他にも、本校から多くの選手が出場しましたが、GSでの指導差で敗退するなど、あと一歩のところで負けてしまった選手が多く、勝ち上がることができませんでした。

 今回の大会での課題を克服し、来年の6月の県総体では、このくやしさを忘れずに、兵庫インターハイ出場を目標に、今後も精一杯努力したいと思います。

 当日はたくさんの方々にご声援いただき、ありがとうございました。

 団体戦の結果より、2月1日(土)に滋賀県立武道館で行われる近畿大会(団体試合)に出場することが決定しました。

 個人戦の結果より、上記の6名は12月15日(日)にグリーンアリーナ神戸サブで行われる全国高等学校柔道選手権(個人試合)兵庫県予選に出場することが決定しました。この大会で優勝した選手が3月の全国高校選手権大会に出場することができます。

 また、第3位以上に入賞した上記の5名は1月25日(土)にグリーンアリーナ神戸で行われる近畿大会(個人試合)に出場することも決定しました。

2019-11-18 | Posted in 大会結果No Comments » 

 

第62回兵庫県私立中学・高等学校親善柔道大会 結果

令和元年10月27日(日)
第62回兵庫県私立中学・高等学校親善柔道大会   於:神戸国際大学附属高校

【男子高校団体】 優勝

   〈1回戦〉 報徳 5-2 東洋大姫路
   〈2回戦〉 報徳 6-0 白陵
   〈準決勝〉 報徳 2代-2 神戸国際附
   〈決 勝〉 報徳 4-0 神港学園
   
 以上の結果となりました。

 本大会は7人戦の団体戦であり、1、2年生の新チームでの初めての県レベルの大会でした。

 1、2回戦と順調に勝ち上がり、準決勝で神戸国際附と対戦しました。7人の試合が終了した段階で同点となり、代表戦となりました。代表戦は、接戦ではありましたがGSで投げて一本勝ちし、チームとしても勝つことができました。

 決勝は、重量級の選手が多い神港学園との対戦でしたが、決勝ということもあり、本校の選手は持っている力を出し切って優勝することができました。

 11月15日(金)から県新人大会が行われます。この大会で得たことを生かして優勝できるように、これからさらに努力を積み重ねたいと思います。
 
ご声援ありがとうございました。

2019-10-29 | Posted in 大会結果No Comments » 

 

第93回 令和元年度 金鷲旗高校柔道大会 結果

令和元年7月22日(月)~24日(水) 
第93回 令和元年度 金鷲旗高校柔道大会
                      於:福岡市総合体育館

  【男子団体】
    (1回戦)本校 ◎(3人残し)  工学院大付(東京都)

    (2回戦)本校  (2人残し)◎ 東海大浦安(千葉県)
          岸   ( 引 分 )  勝野
         池尾  ( 裏 投 )〇 藤見(一本)
         古居  ( 引 分 )  
         板野  (一本背負)〇 髙橋(一本)
         片山  ( 引 分 )    
                     岡本
                     山口
                     
 以上の結果となりました。

 今年は3年生は松坂、古居、伊串で、残りのメンバーは1、2年から選出し、出場しました。

 1回戦は、3年生の頑張りがあり、東京都の工学院大付に3人残しで勝ちました。

 2回戦で、千葉県の強豪東海大浦安高校との対戦となりました。なかなか試合展開をこちらのペースにすることができず、2人残しで敗退となりました。

 大会期間中公式戦は2試合しかできませんでしたが、別会場で練習試合も多数行うことができ、また全国のハイレベルな試合を見ることができ、非常に有意義なものとなりました。

 この夏は、11月の県新人戦に向けて、新チームの更なるレベルアップをはかり、精一杯精進したいと思います。

 ご声援ありがとうございました。

2019-07-25 | Posted in 大会結果No Comments » 

 

第74回 兵庫県民体育大会柔道競技 結果

令和元年7月13日(土)  
第74回兵庫県民体育大会柔道競技     於:ウインク武道館

<個人戦>
   81kg級  第2位  古居 慎二郎(6-2)

 以上の結果となりました。県総体の結果より、本校からは7名出場しました。

 高校Ⅲ年の古居は、順当に進み決勝戦まで勝ち上がりましたが、決勝戦では県総体でも敗退した選手と対戦し、延長戦の上、指導の累積による反則負けとなりました。

 他に出場した選手も奮起しましたが、優勝することはできず、本校から国体近畿予選の兵庫県代表として選出されることはありませんでした。
 
 ご声援ありがとうございました。

2019-07-15 | Posted in 大会結果No Comments » 

 

第14回近畿ジュニア柔道体重別選手権大会 結果

令和元年7月7日(日) 
第14回近畿ジュニア柔道体重別選手権大会
                             於:ウインク武道館
   

  66kg級 第3位  岸 武蔵(5-2)

 以上の結果となりました。

 大学生も多数出場するハイレベルな大会ですが、県ジュニアを勝ち上がり本校から66kg級に2年岸武蔵が出場しました。

 1回戦、滋賀県代表の上門選手(比叡山高)と対戦し、寝技で抑え込み一本勝ちしました。

 準々決勝では京都府大会で優勝している川内選手(龍谷大)と対戦しました。両者に指導2が与えられた状態でGSに入り、お互い攻防が続き、とても長丁場の戦いとなりましたが、最後に大外刈が決まり一本勝ちとなりました。

 準決勝では、大阪府大会で優勝している長谷川選手(大阪産業大)と対戦し、善戦したものの、仕掛けたところを小内刈で合わされて一本負けとなりました。

 気持ちを切り替えて全日本ジュニア出場決定戦に臨みましたが、奈良県代表の邊川選手(天理大)に力及ばず、GSに入って指導3を取られ反則負けとなりました。

 7月13日に行われる県民大会や秋の新人戦に向けて、今後もしっかりと練習に励みたいと思います。
 
 ご声援ありがとうございました。

2019-07-08 | Posted in 大会結果No Comments » 

 

第63回 兵庫県高等学校総合体育大会柔道競技 結果

令和元年6月7日(金)~9日(日)
第63回 兵庫県高等学校総合体育大会柔道競技      於:高砂市総合体育館

〈団体戦〉 第2位
 (1回戦)  報 徳 シード
 (2回戦)  報 徳 5-0 上 郡
 (3回戦)  報 徳 5-0 白 陵
(準々決勝)  報 徳 3-1 高 砂
 (準決勝)  報 徳 2(内容差)-2 育 英
 (決 勝)  報 徳 0-2 神戸国際附
 
〈個人戦〉
  〔60kg級〕 第3位  松本 登喜定(Ⅱ-4)
        ベスト8  向尾 奈基(Ⅱ-4)
  〔66kg級〕 第2位  岸  武蔵(5-2)
  〔73kg級〕 第3位  前中 祐亮(Ⅱ-8)
        ベスト8  松坂 太勢(Ⅲ-3)
  〔81kg級〕 第2位  古居 慎二郎(6-2)
  〔90kg級〕 第3位  片山 凪 (Ⅰ-4)
  〔100kg級〕 第3位 池尾 虎太朗(5-2)

 今年は鹿児島県で行われる全国総体(インターハイ)柔道競技の出場権をかけた兵庫県予選大会が行われました。

 団体戦においては、本校は昨年度の県新人戦でのベスト4シードからスタートし、順当に勝ち上がり、準決勝で育英と対戦しました。
 
 前回の県新人戦では育英に敗退しており、何とか逆転をしたいという思いで試合に臨みました。出場した選手がそれぞれ力を発揮し、2-2の内容差で勝つことができました。

 その勢いのまま、決勝で神戸国際附と対戦し、選手は健闘し善戦したものの、結果0-2で敗退となりました。副将戦では試合終了付近で相手の仕掛けた技に合わせて裏投で投げたものの、判定は試合時間外となり、取り消されました。他にも惜しい場面はありましたが、力及ばず敗退となりました。

 当日は多くの方々にご声援いただき、ありがとうございました。

 個人戦では、団体戦の悔しさを晴らすべく、インターハイ出場を目指して気持ちを作り直して挑みましたが、66kg級岸、81kg級古居が第2位、60kg級松本、73kg級前中、90kg級片山、100kg級池尾が第3位入賞となり、インターハイへの出場権を得ることはできませんでした。

 また、上記の8名は7月13日(土)に行われる兵庫県民大会に出場します。この大会で優勝すれば、県の代表として国体のメンバーに選出されます。今回の大会で悔しい思いをした生徒の雪辱をはらすべく、これからも日々頑張りたいと思います。

 ご声援ありがとうございました。 

2019-06-10 | Posted in 大会結果No Comments » 

 

令和元年度 全日本ジュニア柔道体重別選手権大会 兵庫県予選 結果

令和元年5月5日(日)  
令和元年度 全日本ジュニア柔道体重別選手権大会 兵庫県予選
                         於:ウインク武道館

  60kg級 ベスト8 松本 登喜定(Ⅱ-4)
  66kg級 第3位 岸 武蔵(5-2)※近畿ジュニア出場決定
  73kg級 ベスト8 松坂 太勢(Ⅲ-3)
      2回戦敗退 前中 祐亮(Ⅱ-8)
  81kg級 ベスト8 板野 隆信(Ⅱ-8)
      2回戦敗退 古居 慎二郎(6-2)
  100kg級 ベスト8 伊串 尚真(Ⅲ-3)

 以上の結果となりました。

 大学3年生の早生まれの年齢まで出場権があり、高校生は昨年の11月に行われた県新人大会の結果から出場選手が決まり、本校からは7名の選手が出場しました。

 今大会の開会式時の選手宣誓は、全国高校選手権準優勝の実績を評価され、本校の岸武蔵(5-2)が選出され、選手代表としてふさわしい堂々たる宣誓を行ってくれました。

 また、今回の結果から66kg級の岸は7月7日(日)にウインク武道館で行われる第14回近畿ジュニア柔道体重別選手権大会に出場することが決まりました。

 6月の県総体に向けて多くの良い点と課題点が見つかったので、残り1ヶ月間しっかりと練習に励んでいきたいと思います。
 
 ご声援ありがとうございました。

2019-05-07 | Posted in 大会結果No Comments » 

 

平成31年度全日本カデ柔道体重別選手権大会 結果

平成31年4月14日(日)  
平成31年度全日本カデ柔道体重別選手権大会
              於:東和薬品RACTABドーム サブアリーナ

  81kg級 片山 凪(Ⅰ-4)出場 (1回戦敗退)
   【1回戦】
     片山 凪 (内股透・技有)〇 鎌田 直人(高知学園高2年)
 

 以上の結果となりました。

 この大会は早生まれの高校3年生までが出場できるカデの大会です。片山は昨年度の全国中学大会2位の実績より全日本柔道連盟から選出され、81kg級(出場選手8名)で出場しました。

 初戦から全国中学大会2位の実績を持つ高知学園高2年の鎌田選手との対戦となりました。
 試合後半、片山の攻撃的な姿勢が見られ、相手選手に指導1の反則が与えられた後、さらに片山が内股を仕掛けたところを相手の股の中で反対に回されてしまい、技ありを奪われました。その時点で試合時間が残り40秒というところで、その後果敢に攻めましたが、力及ばずそのまま取り返すことができず試合終了となりました。

 悔しい結果ではありますが、今後の柔道につながる、非常に良い経験となりました。
 
 ご声援ありがとうございました。

2019-04-15 | Posted in 大会結果No Comments » 

 

第35回寺島杯親善柔道大会 結果

平成31年4月14日(日)
第35回 寺島杯親善柔道大会      於:報徳学園体育館

【高校の部】
団体戦 優 勝

〈準決勝〉 報徳 5-0 甲南高
〈決 勝〉 報徳 4-1 英真学園高

 以上の結果となりました。

 今年度も前回大会と同様、株式会社あいあいトータルサポート様にご協賛いただき、本校の体育館に畳を敷き4試合場を準備し、小学校の部、中学校の部、高等学校の部、大学の部を同時に開催しました。

 兵庫県内を中心に近畿各地より参加があり、56チーム、約400名の選手の参加のもと、白熱した試合が展開されました。

 本校は各選手の内容も良く、優勝することができました。これから始まる総体に向けて、さらに気持ちを引き締めて頑張りたいと思います。

 当日は早朝から多くの先輩方にお越しいただき、様々な面でご協力いただき、ありがとうございました。また、保護者の方々にも駐車場の整理や昼食の配膳等、ご協力いただきまして、ありがとうございました。

2019-04-15 | Posted in 大会結果No Comments » 

 

第41回全国高等学校柔道選手権大会 結果

平成31年3月20日(水)
第41回 全国高等学校柔道選手権大会          於:日本武道館

【男子個人試合】
 〈60kg級〉松本 登喜定(Ⅰ-4) 2回戦敗退
  (1回戦) 松本 〇(GS指導2)  大塚 功太郎(香川県・観音寺第一)
  (2回戦) 松本  (GS片羽絞)〇 樽岡 葉太(広島県・近大福山)
 
 〈66kg級〉 岸 武蔵(4-2) 準優勝
  (1回戦)  岸  〇(合 技)     舟戸 唯人(富山県・小杉)
  (2回戦)  岸  〇(大内刈)    田中 大介(静岡県・飛龍)
  (3回戦)  岸  〇(GS指導1)  松下 篤生(和歌山県・初芝橋本)
 (準々決勝)  岸  〇(GS反 則)  吉岡 正晃(熊本県・鎮西)
  (準決勝)  岸  〇(GS送足払)  光岡 岳人(福岡県・大牟田)
  (決 勝)  岸   (GS巴 投)〇 唯野 己哲(千葉県・木更津総合)

 〈81kg級〉古居 慎二郎(5-2) ベスト16
  (1回戦) 古居 シード
  (2回戦) 古居 〇(袖釣込腰)   伊藤 悠雅(秋田県・能代)
  (3回戦) 古居  (GS反則)〇  井上 太陽(愛媛県・新田)

 以上の結果となりました。

 兵庫県代表として60kg級に松本登喜定(Ⅰ-4)、66kg級に岸武蔵(4-2)、81kg級に古居慎二郎(5-2)の3名が出場しました。

 60kg級の松本は、持ち前の攻める柔道で、終始前に出続けて、GSで相手に指導が入り、1回戦を勝利しました。2回戦は、うまく攻めるものの決定打が無くGSとなり、一本背負投を仕掛けたところで絞めが入り、一本負けとなりました。

 66kg級の岸は、1、2回戦は一本勝ちと良いスタートを切ることができました。3回戦以降もとても動きが良く、常に攻める姿勢があり、相手の技にもしっかりと対応し、接戦をものにして準決勝まで勝ち上がりました。
 準決勝では、GSに入り指導1つリードされている劣勢の状況で、組み際に起死回生の送足払を繰りだし、技ありを奪い勝つことができました。
 決勝は、準決勝の勢いのまま相手の技に臆することなく堂々とした試合展開を繰り広げてくれました。3分間では決着がつかず、GSに入り攻める姿勢は岸が有利かというような内容でした。なかなか決着がつかず、GS 8分11秒のところで相手の巴投に乗ってしまい、技有での敗退となりました。
 日本一まであと一歩という悔しい結果ではありましたが、持っている力を十分に発揮し本当に素晴らしい試合をしてくれました。
 本校柔道部としては、全国高校大会個人準優勝は平成2年以来の快挙となります。

 81kg級の古居は、2回戦は自分より背の高い相手でしたが終始組み勝つことができ、試合序盤に仕掛けた袖釣込腰で技有を奪い、試合中盤に再度袖釣込腰で投げて一本勝となりました。3回戦は相手の組圧が強く、うまくいなしながら左右の技で展開したものの、GSに入り組際に仕掛けた技がうまく道衣を握ることができず、かけ逃げの指導となり僅差で敗退しました。

 出場した3名はこの経験を生かしてさらに成長してもらえればと思います。また、柔道部としても良い刺激となったので、夏の総体に向けて今後も精進していきたいと思います。
 
 ご声援ありがとうございました。

2019-03-23 | Posted in 大会結果No Comments »