大会結果

第66回 兵庫県高等学校新人柔道大会 兼 第40回 全国高等学校柔道選手権県予選 結果

平成29年11月17日(金)~11月19日(日)  
第66回 兵庫県高等学校新人柔道大会 
兼 第40回 全国高等学校柔道選手権県予選      於:高砂市総合体育館

<団体戦> ベスト8
 (1回戦)報徳 シード
 (2回戦)報徳 ◎5人残し  山崎
 (3回戦)報徳 ◎4人残し  西脇工
(準々決勝)報徳  1人残し◎ 神港学園
  
<個人戦>
  60kg級 第2位 田中 豪也(Ⅰ-4)
  73kg級 ベスト8 山内 翔太(Ⅰ-4)※近畿大会出場決定戦敗退
  81kg級 優 勝 古居 慎二郎(4-2)
  100kg級 第3位 亀田 聖 (Ⅱ-5)

 以上の結果となりました。

 今回の団体戦は5人戦の勝ち抜き試合で、優勝すれば3月の全国大会出場が決まる大会でしたが、準々決勝戦で神港学園高校と対戦し、惜しくも敗退しました。

 個人戦においては、優勝が1名、第2位が1名、第3位が1名、ベスト8が1名となり、入賞した選手は持っている力を発揮し、大いに健闘してくれました。その他にも、本校から多くの選手が出場しましたが、GSでの指導差で敗退するなど、あと一歩のところで負けてしまった選手が多く、勝ち上がることができませんでした。

 今回の大会での経験で、次の大会への課題が明確になりました。来年の6月の県総体では、このくやしさを忘れずに、団体優勝を目標に、今後も精一杯努力したいと思います。

 当日はたくさんの方々にご声援いただき、ありがとうございました。

団体戦の結果より、2月3日(土)に兵庫県のベイコム総合体育館で行われる近畿大会(団体試合)に出場することが決定しました。
個人戦の結果より、上記の4名は12月17日(日)にグリーンアリーナ神戸サブで行われる全国高等学校柔道選手権(個人試合)兵庫県予選に出場することが決定しました。この大会で優勝した選手が3月の全国高校選手権大会に出場することができます。
また、田中、古居、亀田の3名は1月27日(土)に兵庫県立武道館で行われる近畿大会(個人試合)に出場することも決定しました。

2017-11-20 | Posted in 大会結果No Comments » 

 

第91回 平成29年度 金鷲旗高校柔道大会 結果

平成29年7月22日(土)~24日(月) 
第91回 平成29年度 金鷲旗高校柔道大会
                      於:マリンメッセ福岡

  【男子団体】
    (1回戦)本校 ◎(3人残し)  宮崎工(宮崎県)

    (2回戦)本校  (2人残し)◎ 津幡(石川県)
         古居  ( 引 分 )  寺島
         長谷  ( 内 股 )〇 室木(技有)
         窪田 〇( 払巻込 )    (一本)
             ( 袈裟固 )〇 進地(一本)
         薮田  ( 引 分 )
         渡邊  ( 背負投 )〇 長原(一本)
                     藤田

 以上の結果となりました。

 今年は3年生の薮田、窪田、長谷、渡邊の4名、残りのメンバーは1、2年から選出し、出場しました。3年生の小守が近畿ジュニアでの怪我で、出場することができませんでした。昨年と同様で組み合わせが悪く、2回戦で石川県の強豪津幡高校との対戦となりました。この学年は、色々な錬成会等で津幡高校とは何度も対戦させていただき、とても思い入れのあるチームと戦うことになりました。結果、それぞれが踏ん張り切ることができず、2人残しで敗退となりました。

 大会期間中公式戦は2試合しかできませんでしたが、別会場で練習試合も多数行うことができ、また全国のハイレベルな試合を見ることができ、非常に有意義なものとなりました。

 この夏は、11月の県新人戦に向けて、新チームの更なるレベルアップをはかり、精一杯精進したいと思います。

 ご声援ありがとうございました。

2017-08-14 | Posted in 大会結果No Comments » 

 

第72回 兵庫県民体育大会柔道競技 結果

平成29年7月1日(土)  
第72回兵庫県民体育大会柔道競技   於:兵庫県立武道館

<個人戦>
   100kg級  準優勝  小守 健將(Ⅲ-3)
   無差別級  準優勝  窪田 風雅(Ⅲ-7)

 以上の結果となりました。
 県総体の結果より、本校からは7名出場しました。

 小守は、1、2回戦ともに安定した試合運びで勝ちあがり、準決勝に進出しました。準決勝では、県新人戦の団体戦で敗退した育英の長谷川選手と対戦し、得意の大外刈で一本勝ち。県新人戦での雪辱を果たすことができました。決勝戦では、5月の県ジュニアの決勝で敗退した神戸国際附の丸山選手と対戦し、五分の試合展開で接戦となりGSに突入し、延長で5分間ほど試合を行い、お互い気力での勝負となりました。最後は力及ばず、丸山選手の体落しで一本負けとなりました。あと少しで技のポイントのある投げもあっただけに、非常に悔しい負けとなりました。

 窪田も1、2回戦は問題なく一本勝ちし、準決勝に進出しました。準決勝では、先日行われた県総体の100kg超級で優勝した神戸国際附の近藤選手と対戦し、指導2を奪い、終盤に指導3つ目が入り、反則勝ちになりそうな場面もありましたが、終了間際に近藤選手が焦ってかけた払腰を返して技有を奪い、優勢勝ちとなりました。決勝戦では、階級変更して出場した100kg級県総体優勝者の神戸国際附の福井選手との対戦となりました。釣り手を落とされてしまい、攻めにくい状況が続きましたが、GSに突入し、最後は福井選手の支釣込足に乗ってしまい、一本負けとなりました。

 本大会の優勝者が国体近畿予選の兵庫県代表として選出されるため、今年は本校からの選出はありませんでした。
 
 ご声援ありがとうございました。

2017-07-02 | Posted in 大会結果No Comments » 

 

第61回 兵庫県高等学校総合体育大会柔道競技 結果

平成29年6月9日(金)~11日(日)
第61回 兵庫県高等学校総合体育大会柔道競技
                           於:高砂市総合体育館

〈団体戦〉 第3位
 (1回戦)  シード
 (2回戦)  報 徳 5-0 兵庫
 (3回戦)  報 徳 5-0 尼崎西
 (4回戦)  報 徳 5-0 尼崎北
(準々決勝)  報 徳 3-1 社
 (準決勝)  報 徳 0-4 神戸国際附
 
〈個人戦〉
  〔60kg級〕ベスト16 田中 豪也(Ⅰ-4)※
  〔66kg級〕ベスト16 藤野 晃聖(Ⅱ-7)
  〔73kg級〕ベスト8 楠部 勇之介(Ⅲ-7)※
       ベスト16 奥井 将太(Ⅲ-3)
  〔81kg級〕ベスト8 薮田 豪樹(Ⅲ-7)※
        ベスト16 渡邊  廉(Ⅲ-6)
  〔90kg級〕ベスト8 前田 真規(Ⅲ-6)※
        ベスト16 古居 慎二郎(4-2)
 〔100kg級〕 第3位 小守 健將(Ⅲ-3)※
       ベスト16 亀田  聖(Ⅱ-5)※
〔100kg超級〕 第3位  窪田 風雅(Ⅲ-7)※
 
 今年は福島県で行われる全国総体(インターハイ)柔道競技の出場権をかけた兵庫県予選大会が行われました。

 団体戦においては、本校は昨年度の新人戦でのベスト4シードからスタートし、準々決勝でベスト8シードの社と対戦しました。一人ひとりが接戦を制し、3-1で勝ち上がることができ、非常に良い雰囲気のまま準決勝の神戸国際附戦に望むことができました。

 先鋒は長谷vs村上。73kg全国選手権2位の選手に善戦したものの、試合中盤に技のかけ崩れの際に抑え込まれ一本負け。

 次鋒は小守vs寺本。2年生の選手相手に組み勝つチャンスが多く有利でしたが、試合中盤に大外刈で技有を取られ、その後猛攻をしかけ何とか内股で技有を取り返したものの、そのまま時間切れとなり引き分け。

 中堅は古居vs近藤。1年生の古居が3年生の近藤選手に善戦し、五分五分の勝負でしたが、終盤に焦って仕掛けた大外刈を返されてしまい技有を奪われ、優勢負け。

 副将は薮田vs丸山。最初の仕掛けは良かったものの、試合序盤に技を仕掛けた後にうまく回されてしまい抑え込れ、一本負け。

 大将は窪田vs福井。なんとか取り返したいという思いで挑んだものの、力及ばず払腰で技有を奪われ、抑え込まれて一本負け。

 結果0-4で敗退となりました。当日は平日にもかかわらず、多くの方々にご声援いただき、ありがとうございました。

 個人戦では、団体戦の悔しさを晴らすべく、インターハイ出場を目指して気持ちを作り直して挑みましたが、100kg級小守、100kg超級窪田の第3位入賞が最高結果となりました。

 また、上記の※がついた7名が7月1日(土)に行われる兵庫県民大会に出場します。この大会で優勝すれば、県の代表として国体のメンバーに選出されます。
 
 今回の大会で悔しい思いをした生徒の雪辱をはらすべく、これからも日々頑張りたいと思います。

 ご声援ありがとうございました。

2017-06-12 | Posted in 大会結果No Comments » 

 

OBの活躍の報告

 平成29年5月21日(日)、ベイコム総合体育館に於いて行われた第67回関西学生柔道優勝大会に多くの本校OBの学生が出場していました。

 出場していたOBの中でも、特に渋川大也(近畿大3年)が大いに活躍してくれました。近畿大は決勝まで勝ち上がり、天理大と対戦しました。この試合で大将を任され、2-2の内容負けの状態で大将戦を迎えました。試合は相手の厳しい組み手に手こずりながらも、試合中盤に場外際で仕掛けた払巻込みが見事に決まり、一本勝ち。23年ぶりの優勝に貢献することができました。

 また、扇谷浩平(甲南大2年)は、全日本学生の出場権をかけた関西学院大戦で、2-2の同点となり、代表戦にて甲南大の代表選手として出場しました。試合は終始優勢な展開で、中盤に仕掛けた背負投が決まり技ありを奪い、その後すかさず抑え込みに入り、一本勝ち。団体5位と全日本学生出場に大いに貢献してくれました。

 他にも、大西勇気(東レ滋賀)、西川風万(明治大)、林厚志・秋田健太郎(中京大)、坂本豪(立正大)、細井大輔・中正直希(関西学院大)、黄鐘成・渋川凌吾(近畿大)、池島秀耶・宇都隆一郎(甲南大)、森亮介(龍谷大)、村田憲亮・中村海斗・村田蓉亮(芦屋大)、海﨑孝輝・塚本淳介・喜多勝一・樋口綜一郎・番匠良介(神戸学院大)、阿部拳仁・牛田和磨(阪南大)、岡田周士(宝塚医療大)が本校のOBとして、各種大会で活躍してくれています。

 OBの活躍が、高校生にはとても刺激になります。この素晴らしい先輩たちに恥じぬよう県総体に向けて、さらに頑張りたいと思います。

2017-06-02 | Posted in お知らせ, 大会結果No Comments » 

 

第33回寺島杯親善柔道大会

平成29年4月23日(日)
第33回 寺島杯親善柔道大会      於:報徳学園体育館

【高校の部】
団体戦 優 勝

〈準決勝〉 報徳 5-0 英真学園高
〈決 勝〉 報徳 3-1 東海大仰星高

 以上の結果となりました。

 今年度も前回大会と同様、株式会社あいあいトータルサポート様にご協賛いただき、本校の体育館に畳を敷き4試合場を準備し、小学校の部、中学校の部、高等学校の部、大学の部を同時に開催しました。

 兵庫県内を中心に近畿各地より参加があり、61チーム、約400名の選手の参加のもと、白熱した試合が展開されました。

 本校は各選手の内容も良く、優勝することができました。これから始まる総体に向けて、さらに気持ちを引き締めて頑張りたいと思います。

 当日は早朝から多くの先輩方にお越しいただき、様々な面でご協力いただき、ありがとうございました。また、片付けの際には西宮市内の中学校柔道部の生徒や様々な方々にお手伝いいただき、とても助かりました。ありがとうございました。

 ご声援ありがとうございました。

2017-05-22 | Posted in 大会結果No Comments » 

 

平成29年度 全日本ジュニア柔道体重別選手権大会 兵庫県予選 結果

平成29年5月5日(金・祝)  
平成29年度 全日本ジュニア柔道体重別選手権大会 兵庫県予選
                             於:兵庫県立武道館

  55kg級 2回戦敗退 若狭 武蔵(Ⅱ-7)
       棄 権   田中 神(Ⅲ-8)
  66kg級 2回戦敗退 姫野 岳人(5-1)
      1回戦敗退 片平 魁(Ⅱ-5)
       棄 権   山内 翔太(Ⅰ-4)
  73kg級 2回戦敗退 楠部 勇之介(Ⅲ-7)
  81kg級 ベスト8  薮田 豪樹(Ⅲ-7)
      1回戦敗退 渡邊 廉(Ⅲ-6)
      1回戦敗退 松坂 太勢(Ⅰ-6)
  90kg級 1回戦敗退 古居 慎二郎(4-2)
  100kg級 第2位  小守 健將(Ⅲ-3)
100kg超級 2回戦敗退 長谷 泰成(Ⅲ-6)
      1回戦敗退 窪田 風雅(Ⅲ-7)

 以上の結果となりました。

 大学3年生の早生まれの年齢まで出場権があり、高校生は昨年の11月に行われた県新人大会の結果から出場選手が決まり、本校からは13名の選手が出場しました。
 
 100kg級の小守は、2位に入賞したことで、7月9日(日)に兵庫県立武道館で行われる第12回近畿ジュニア柔道体重別選手権大会に出場することが決まりました。

 6月の県総体に向けて多くの良い点と課題点が見つかったので、残り1ヶ月間しっかりと練習に励んでいきたいと思います。

 また、本校のOBも多数出場しており、甲南大学の扇谷、池島、宇都がそれぞれの階級で入賞し、扇谷は近畿ジュニアへの出場権を獲得しました。
 
 ご声援ありがとうございました。

 

2017-05-22 | Posted in 大会結果No Comments » 

 

兵庫柔道グランプリ2017 結果

平成29年2月11日(土・祝)
兵庫柔道グランプリ2017   於:グリーンアリーナ神戸

【兵庫県高等学校柔道選手権】
  窪田 風雅(Ⅱ-7)  ベスト8
  楠部 勇之介(Ⅱ-7) ベスト8
  小守 健將(Ⅱ-3)  2回戦敗退
  薮田 豪樹(Ⅱ-7)  2回戦敗退
  長谷 泰成(Ⅱ-6)  1回戦敗退

 以上の結果となりました。

 高校選手権には本校から5名出場しました。

 窪田は1回戦シードで、2回戦は篠山鳳鳴の山内選手と対戦し合技で一本勝ちしました。準々決勝で神戸国際附の村上選手と対戦し、技を仕掛けた直後に絞技が決まってしまい、そのまま上四方固で抑えこまれて一本負けとなりました。

 楠部は1回戦シードで、2回戦は村野工の南選手と対戦し、場外際で小外刈が決まり有効を奪い優勢勝ちしました。準々決勝で神戸国際附の丸山選手と対戦し、終始相手の釣手をキープし、流れは良かったが、後半に仕掛けられた支釣込足が決まり、一本負けとなりました。

 小守は1回戦不戦勝で勝ちあがり、2回戦は同階級のライバルである神戸国際附の福井選手との対戦となりました。組負ける場面が多く、攻めることができず指導2差での敗退となりました。

 薮田は1回戦不戦勝で勝ちあがり、2回戦は昨年の12月の全国高校選手権県予選の決勝戦で対戦した白陵の藤本選手との対戦になりました。試合序盤に組負けて頭を下げたところを防御姿勢での指導を奪われ、後半薮田の良いペースを作れたものの指導を取るまではいけず、そのまま指導1差での敗退となりました。

 長谷は1回戦で神港学園の戸田選手と対戦し、昨年の12月の全国高校選手権県予選で負けた相手であったため、絶対に負けられない試合ではありましたが、試合中盤に大内刈で技有を奪われ、その後有効を取り返したものの、試合時間終了になり敗退となりました。

 4月から始まる総体に向けて、稽古、春の遠征で課題を克服し更に頑張りたいと思います。
 
 ご声援ありがとうございました。

2017-02-13 | Posted in 大会結果No Comments » 

 

第58回近畿高等学校柔道新人大会 結果

平成29年2月4日(土)
第58回近畿高等学校柔道新人大会
                        於:東和薬品RACTABドーム

<団体戦> ベスト16
 (1回戦)報徳 シード
 (2回戦)報徳 ◎(2人残し)  和歌山工業
 (3回戦)報徳  (2人残し)◎ 東海大学付属仰星

 以上の結果となりました。

 県新人戦での結果より、兵庫県より10校が近畿大会に出場し、本校は兵庫県のベスト4ということで、兵庫県3位校として出場しました。

 1回戦、本校はシードとなり、2回戦からの出場となりました。

 2回戦は、先週行われた近畿大会個人戦で90kg級第3位に入賞した選手率いる和歌山工業と対戦しました。先鋒が引き分け、次鋒が3人抜き、相手校の大将90kg級3位の選手との戦いになりました。本校の次鋒、中堅が一本負けし、副将が投げることはできませんでしたが、攻め立てて指導3で勝ち、2人残しで勝利しました。

 3回戦は大阪府の優勝校で、今大会も優勝した東海大学付属仰星と対戦し、先鋒、次鋒が相手校の先鋒に抜かれてしまい、本校の中堅が1人抜いたものの、相手の次鋒に一本負け。本校の副将が惜しい場面が何度かありましたが、相手校の次鋒と引き分け。本校大将と、相手校中堅との戦いになり、うまく引き分けられてしまい、2人残しでの敗退となりました。

 この大会で得たことと反省点をしっかりと見直して、今後の大会に向けて一層努力をしたいと思います。

 また、2月11日には県新人大会個人戦の結果から選抜された選手のみで行う体重無差別の兵庫グランプリ高校柔道選手権がグリーンアリーナ神戸にて行われます。優勝を目指して頑張りたいと思います。

 ご声援ありがとうございました。

2017-02-07 | Posted in 大会結果No Comments » 

 

第58回近畿高等学校柔道体重別選手権大会 結果

平成29年1月28日(土)
第58回近畿高等学校柔道体重別選手権大会
                         於:兵庫県立武道館
  60kg級 田中 神(Ⅱ-8) ベスト8
  73kg級 楠部 勇之介(Ⅱ-7) 2回戦敗退
  81kg級 薮田 豪樹(Ⅱ-7) ベスト8
 100kg級 小守 健將(Ⅱ-3) 2回戦敗退
100kg超級 窪田 風雅(Ⅱ-7) 2回戦敗退
      長谷 泰成(Ⅱ-6) 1回戦敗退

 以上の結果となりました。

 近畿圏内の県・府高校新人大会個人戦の各階級上位入賞者で行う近畿高等学校柔道体重別選手権大会に本校より6名が出場しました。
 
 田中は、2年連続の出場となりました。1、2回戦と順調に一本勝したものの、準々決勝で京都文教高の選手と対戦し、指導でリードを許してしまい、後半に仕掛けた技の後に相手の送襟絞がはまり一本負となりました。
 
 楠部は、シードでの出場ということもあり、思うように体が動かず、相手に先に攻められてしまい、指導2での敗退となりました。
 
 薮田は、1回戦内股で一本勝し、2回戦接戦ではありましたが、先に攻める展開で指導1を奪い勝利しました。準々決勝では、この階級で優勝した京都学園高の選手と対戦し、試合終盤までお互い指導1の互角の戦いをしていたものの、一瞬の隙をつかれ肩車で技有を奪われ、敗退となりました。
 
 小守は、1回戦移腰で一本勝し、2回戦で天理高の選手と対戦しました。終始相手の組手に苦戦し、攻めることができず、指導2での敗退となりました。
 
 窪田は、シードで2回戦からの出場となり、関西大第一高の選手と対戦しました。常に先手で攻め立て指導1を奪い優勢であったものの、試合後半に仕掛けた払腰の後に、小外刈を合わされてしまい、一本負となりました。

 長谷は、自分より身長の低い選手との対戦となり、勢い良く攻め立てることができず、試合中盤に相手が仕掛けた背負投に乗ってしまい有効を奪われ、そのまま上四方固で抑え込まれて、一本負となりました。

 この大会で経験できたことを生かし、これからもさらに精神面、技術面を強化したいと思います。

 2月4日(土)には大阪府のラクタブドーム(旧なみはやドーム)に於いて近畿大会の団体戦が行われるため、この大会でも上位進出を目指して頑張りたいと思います。
 ご声援ありがとうございました。

 

2017-01-30 | Posted in 大会結果No Comments »