大会結果

平成30年度 全日本ジュニア柔道体重別選手権大会 結果

平成30年9月8日(土)  
JOCジュニアオリンピックカップ
 平成30年度 全日本ジュニア柔道体重別選手権大会
                           於:埼玉県立武道館

  55kg級 松本 登喜定(Ⅰ-4) 出場(1回戦敗退)
   
 【1回戦】
   松本 登喜定 (GS背負投・技有)〇 高橋 昇平(國學院栃木高)
 

 以上の結果となりました。

 この大会は早生まれの大学3年生までが出場できるジュニアの大会です。松本は高校1年生でありながら、兵庫県ジュニア、近畿ジュニアと勝ち上がり、全日本ジュニアに出場しました。1回戦、國學院栃木高校3年生の高橋選手と対戦し、激しい組み手争いの中、GSに突入しました。相手が仕掛けてきた左の低い背負投をまたぎ、そのまま右に避けて左の内股で相手をうまく回して投げました。主審は松本の技ありと宣告しましたが、ケアシステムのビデオ判定の結果、相手の背負投が決まっていると判断され、松本への技ありは取り消され、高橋選手の技ありとなりました。

 悔しい結果ではありますが、今後の柔道につながる、非常に良い経験となりました。
 
 ご声援ありがとうございました。

2018-09-10 | Posted in 大会結果No Comments » 

 

OB活躍の報告

 平成30年8月25日(土)、ベイコム総合体育館に於いて行われた第48回全日本実業柔道個人選手権大会に本校OBの大西勇気(東レ)が男子22歳未満に出場し、見事に優勝という快挙を成し遂げました。

 大西は東レに務めて4年目で、今年度が男子22歳未満に出場できる最後の年となりました。

 大西は73kgにして、重量級の選手とも堂々と戦い、出場した初年から第3位入賞、2年目も第3位、3年目は第2位と素晴らしい成績を残していました。今年度こそは最後の挑戦として優勝したいという思いが強かったと思います。

 今年度の22歳未満は59名の選手登録がありましたが、大西は着々と勝ち上がり、準決勝を迎えました。

 準決勝ではアドヴィックスの森優心選手と対戦し、相手は100kg超級の選手で力も強く試合中盤までに指導2を取られてしまい苦しい戦いとなりました。しかし、劣勢の中、残り10秒ほどのところで背負投で技ありを奪い、優勢勝ちとなりました。

 決勝では新日鐵住金大分の平山知義選手との対戦となり、試合中盤に仕掛けた背負投を返されて技ありを取られました。相手は100kg級の選手で、うまく力が伝わらずなかなかいいところを持たせてくれない状況が続きましたが、試合終盤に起死回生の大内刈が見事に決まり技ありを奪いました。その後、すぐに追い打ちをかけるように背負投で技ありを奪い、合わせ技で一本勝ちとなりました。

 大西は来年度からは22歳以上の階級別に出場することができます。今後はそのカテゴリーで勝ち上がり、講道館杯出場を目指してもらいたいと思います。

 OBの活躍が、高校生にはとても刺激になります。この素晴らしい先輩たちに恥じぬよう県新人に向けて、さらに頑張りたいと思います。

2018-08-27 | Posted in お知らせ, 大会結果No Comments » 

 

第38回 全国高等学校選抜柔道大会 結果

平成30年8月22日(水)
第38回 全国高等学校選抜柔道大会      於:大阪体育大学武道場

〈団体戦〉 第3位
 予選リーグ 
 (1試合目)  報 徳 4-0 大商大堺
 (2試合目)  報 徳 2-0 常翔学園
 (3試合目)  報 徳 3-2 箕 島
 決勝トーナメント
  (1回戦)  報 徳 4-0 清 風
 (準々決勝)  報 徳 2-1 近大附
  (準決勝)  報 徳 1-3 近 江

 大阪体育大学が主催で行われている標記の大会に出場しました。近畿圏内の強豪校や香川、徳島、三重、静岡、茨城の学校が39校集まり、ハイレベルな試合が繰り広げられました。また、本校としては夏休み中の合宿の成果が見られる大会でもありました。

 怪我で出場できない選手がいる状況ではありましたが、選手たちは合宿の成果を発揮し良く頑張り、第3位という結果になりました。

 特に、箕島や近大附との試合では競ったところで勝つことができたため、今後につながるものとなりました。

 これからは11月の県新人戦に向けて、チーム一丸となりチーム力をアップさせて、まずは全国選手権出場を目標に日々精進したいと思います。

 ご声援ありがとうございました。

2018-08-24 | Posted in 大会結果No Comments » 

 

本校中学生の活躍の報告

 本校の中学柔道部の活躍をご報告させていただきます。

 中学3年生の片山凪(81kg級)が、7月30日に兵庫県立武道館で行われた兵庫県総体で接戦を見事に制し、優勝しました。

 その結果、8月4日に大阪府舞洲アリーナで行われた近畿総体、8月20日に広島県立総合体育館で行われた全国大会に出場しました。
 
 近畿総体では、安定した試合運びで堂々の優勝。大会の度にさらに力をつけて、大きく成長してくれています。

 全国大会でも、終始相手に組み勝つことが多く、本当に力強い素晴らしい姿を見せてくれました。結果、決勝戦まで進出し、決勝戦では惜しくも敗退してしまったものの、堂々の全国第2位という快挙を成し遂げてくれました。

 日々、同じ道場で練習している選手が全国大会で上位に入賞するなど大いに活躍してくれて、とても嬉しく思います。
 他にも全国大会には出られなかったものの、県総体で上位に上がる選手がたくさんいます。これからは次の高校のステージに向けて努力し、高校では日本一を目標に頑張ってくれることと期待しています。

2018-08-24 | Posted in お知らせ, 大会結果No Comments » 

 

平成30年度 第13回近畿ジュニア柔道体重別選手権大会 結果

平成30年8月1日(日) 
平成30年度 第13回近畿ジュニア柔道体重別選手権大会
                             於:ウインク武道館
   55kg級 第2位 松本 登喜定(Ⅰ-4)
   66kg級 ベスト8 岸  武蔵(4-2)

 以上の結果となりました。

 大学生も多数出場するハイレベルな大会ですが、県ジュニアを勝ち上がり本校から2名の生徒が出場しました。

 55kg級の松本は決勝戦まで進出し、決勝戦では力及ばず敗退してしまったものの、堂々の第2位入賞となり、9月8日(土)、9日(日)に埼玉県立武道館で行われる全日本ジュニア柔道体重別選手権大会へ近畿代表として出場することが決まりました。

 66kg級の岸は1回戦で兵庫県の高校出身の社会人選手と対戦し見事に勝ちましたが、準々決勝で対戦した選手に力及ばず敗退しました。

 これからは全日本ジュニアや秋の新人戦に向けて、今後もしっかりと練習に励んでいきたいと思います。
 
 また、本校のOBも2名出場しており、90kg級の薮田豪樹(近畿大1年)は全日本出場決定戦で負けてしまったものの、堂々の第3位入賞となりました。100kg級の森亮介(龍谷大2年)は怪我明けということもあったのか2回戦敗退となり、思うような結果を得ることはできませんでしたが、OBの精一杯頑張っている姿を見ることができました。

 ご声援ありがとうございました。

2018-08-02 | Posted in 大会結果No Comments » 

 

第92回 平成30年度 金鷲旗高校柔道大会 結果

平成30年7月22日(日)~24日(火) 
第92回 平成30年度 金鷲旗高校柔道大会
                      於:マリンメッセ福岡

  【男子団体】
    (1回戦)本校 ◎(5人残し)  ラサール(鹿児島県)

    (2回戦)本校  (3人残し)◎ 東海大相模(神奈川県)
         松坂  ( 反 則 )  近藤(一本)
         伊串  ( 内 股 )〇   (一本)
          岸   ( 引 分 )  
         古居  ( 大外刈 )〇 菅原(技有)
         亀田 〇( 裏 投 )    (一本)
             ( 内股透 )〇 成澤(一本)
                     榎田
                     大村

 以上の結果となりました。

 今年は3年生は亀田のみで、残りのメンバーは1、2年から選出し、出場しました。ここ何年か組み合わせが悪く、2回戦で神奈川県の強豪東海大相模高校との対戦となりました。

 春の世耕杯でも東海大相模高校とは対戦しており、リベンジを果たそうと挑みましたが、なかなか思うような結果とはならず、岸の引分、亀田の豪快な裏投による一本勝しかできず、3人残しで敗退となりました。

 大会期間中公式戦は2試合しかできませんでしたが、別会場で練習試合も多数行うことができ、また全国のハイレベルな試合を見ることができ、非常に有意義なものとなりました。

 この夏は、11月の県新人戦に向けて、新チームの更なるレベルアップをはかり、精一杯精進したいと思います。

 ご声援ありがとうございました。

2018-08-02 | Posted in 大会結果No Comments » 

 

第73回 兵庫県民体育大会柔道競技 結果

平成30年6月30日(土)  
第73回兵庫県民体育大会柔道競技   於:ウインク武道館 第2道場

<個人戦>
   81kg級  第3位  古居 慎二郎(5-2)
   100kg級  準優勝  亀田 聖(Ⅲ-5)

 以上の結果となりました。

 県総体の結果より、本校からは7名出場しました。

 亀田は準々決勝で育英の村上選手と対戦し、試合中盤に巴投で技ありを取られ、追いかける展開でしたが、試合終盤に仕掛けた支釣込足で相手が大きく崩れ、押し倒して技ありを取り返し、そのまま抑え込んで合技で一本勝となりました。

 準決勝は神戸国際附の西本選手と対戦し、お互いポイントのないまま試合が進み、試合中盤に仕掛けた支釣込足で見事に相手が宙を舞い、一本勝することができました。

 決勝では、県総体で敗退した育英の長谷川選手と対戦し、試合時間内に指導2を奪われましたが延長戦となり、払腰や裏投で相手にプレッシャーをかけていたものの、組み手が不十分な状態で仕掛けた払巻込がかけ逃げとなり、指導の累積による反則負となりました。

 古居は1回戦で神戸国際附の中川選手と対戦し、なかなか投げることができず苦戦しましたが、試合終盤に相手の体勢が不十分になったところを見逃さず、回す内股で一本勝しました。

 準々決勝で神港学園の柴原選手と対戦し、指導2まで取ることができ、試合を優位に進めている中、試合中盤に仕掛けた内股で一本勝しました。

 準決勝では育英の岡田選手と対戦し、県総体団体戦でのリベンジを果たそうと臨みましたが、試合序盤に仕掛けられた内股で一本負となりました。

 他に出場した3年の米田、2年の番匠、1年の岸、松本、金田は奮闘したものの、入賞することはできませんでした。

 これからは次の県新人戦に向けて、新チームとして再出発を切り、基礎基本から振り返り、精一杯精進したいと思います。

 まずは近々に、福岡県のマリンメッセ福岡で行われる金鷲旗に出場するため、一つでも多く勝ち上がれるように、稽古に励みたいと思います。

 また、本校のOBで近畿大4年の渋川大也が成年男子90kg級に出場し、新日鐵住金の西山選手や、大学の先輩である夙川学院高教の垣田選手に勝ち、決勝まで進出しました。決勝は兵庫県警の北浦選手と対戦し、お互い指導2までいった試合終盤に、抱きついての裏投にいったところを大外刈で合わされて一本負となりました。
 他にも今年の3月に明治大を卒業した西川風万や、兵庫県内の大学に進学している卒業生が多く出場していました。

 ご声援ありがとうございました。

2018-07-02 | Posted in 大会結果No Comments » 

 

第62回 兵庫県高等学校総合体育大会柔道競技 結果

平成30年6月8日(金)~10日(日)
第62回 兵庫県高等学校総合体育大会柔道競技      於:高砂市総合体育館

〈団体戦〉 ベスト8
 (1回戦)  報 徳 5-0 播磨農
 (2回戦)  報 徳 5-0 西 脇
 (3回戦)  報 徳 5-0 赤 穂
(準々決勝)  報 徳 0-5 育 英
 
〈個人戦〉
  〔60kg級〕ベスト16 番匠 宏文(Ⅱ-6)※
         〃   松本 登喜定(Ⅰ-3)※
         〃   金田 天馬(Ⅰ-8)※
  〔66kg級〕ベスト8  岸  武蔵(4-2)※
  〔73kg級〕ベスト16 松坂 太勢(Ⅱ-3)
         〃   山川 十蔵(Ⅱ-4)
  〔81kg級〕 第2位  古居 慎二郎(5-2)※
        ベスト16 板野 隆信(Ⅰ-4)
  〔90kg級〕ベスト8 米田 秀治(Ⅲ-7)※
        ベスト16 伊串 尚真(Ⅱ-3)
  〔100kg級〕 第3位 亀田  聖(Ⅲ-5)※

 今年は三重県で行われる全国総体(インターハイ)柔道競技の出場権をかけた兵庫県予選大会が行われました。

 団体戦においては、本校は昨年度の新人戦でのベスト8シードからスタートし、準々決勝で昨年度の新人戦優勝校である育英と対戦しました。出場した5人の選手は善戦したものの、結果0-5での敗退となりました。当日は多くの方々にご声援いただき、ありがとうございました。
 
 個人戦では、団体戦の悔しさを晴らすべく、インターハイ出場を目指して気持ちを作り直して挑みましたが、81kg級古居が第2位、100kg級亀田が第3位入賞となり、インターハイへの出場権を得ることはできませんでした。

 また、上記の※がついた7名が6月30日(土)に行われる兵庫県民大会に出場します。この大会で優勝すれば、県の代表として国体のメンバーに選出されます。今回の大会で悔しい思いをした生徒の雪辱をはらすべく、これからも日々頑張りたいと思います。

 ご声援ありがとうございました。

2018-06-11 | Posted in 大会結果No Comments » 

 

平成30年度 全日本ジュニア柔道体重別選手権大会 兵庫県予選 結果

平成30年5月5日(土)  
平成30年度 全日本ジュニア柔道体重別選手権大会 兵庫県予選
                             於:兵庫県立武道館

  55kg級 第2位 松本 登喜定(Ⅰ-4)※近畿ジュニア出場決定
  60kg級 ベスト8 金田 天馬(Ⅰ-8)
  66kg級 第3位 岸 武蔵(4-2)※近畿ジュニア出場決定
  73kg級 2回戦敗退 山内 翔太(Ⅱ-5)
  81kg級 第4位 古居 慎二郎(5-2)
  100kg級 ベスト8 亀田 聖(Ⅲ-5)

 以上の結果となりました。

 大学3年生の早生まれの年齢まで出場権があり、高校生は昨年の11月に行われた県新人大会の結果から出場選手が決まり、本校からは6名の選手が出場しました。

 55kg級の松本、66kg級の岸は7月8日(日)に兵庫県立武道館で行われる第13回近畿ジュニア柔道体重別選手権大会に出場することが決まりました。

 6月の県総体に向けて多くの良い点と課題点が見つかったので、残り1ヶ月間しっかりと練習に励んでいきたいと思います。
 
 ご声援ありがとうございました。

2018-05-07 | Posted in 大会結果No Comments » 

 

第34回寺島杯親善柔道大会

平成30年4月15日(日)
第34回 寺島杯親善柔道大会      於:報徳学園体育館

【高校の部】
団体戦 優 勝

〈準決勝〉 報徳 5-0 関西学院高
〈決 勝〉 報徳 5-0 英真学園高

 以上の結果となりました。

 今年度も前回大会と同様、株式会社あいあいトータルサポート様にご協賛いただき、本校の体育館に畳を敷き4試合場を準備し、小学校の部、中学校の部、高等学校の部、大学の部を同時に開催しました。

 兵庫県内を中心に近畿各地より参加があり、59チーム、約400名の選手の参加のもと、白熱した試合が展開されました。

 本校は各選手の内容も良く、優勝することができました。これから始まる総体に向けて、さらに気持ちを引き締めて頑張りたいと思います。

 当日は早朝から多くの先輩方にお越しいただき、様々な面でご協力いただき、ありがとうございました。また、保護者の方々にも駐車場の整理や昼食の配膳等、ご協力いただきまして、ありがとうございました。

2018-04-17 | Posted in 大会結果No Comments »